2018/12/28 13:00

長尺だけど見ておかなきゃ損! 年末年始におすすめしたい“3時間超え映画”

「ハッピーアワー」 (C)2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト
「ハッピーアワー」 (C)2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト

 [映画.com ニュース] この映画、長尺すぎて結局見られていない…そんな経験はありませんか? 年末年始の長期休暇は、その挫折を乗り越えるためのチャンスです。“3時間超え映画”にフォーカスを当て、絶対に見ておいた方がいい5本を厳選してみましたので、ぜひチャレンジしてみてください!

▽「マグノリア」 187分
あなたの知らないトム・クルーズがここに パンツ1枚で新境地

 社会規範に沿って生きられないはみだし人間を描かせたらピカイチのポール・トーマス・アンダーソンの出世作。自己啓発セミナーの伝道師、天才クイズ少年、警察官、死の間際のプロデューサー、看護士ら、年齢も性別も異なるが、それぞれが何かしらのトラウマを持つ10人のとある1日がフィリップ・シーモア・ホフマン、ジュリアン・ムーア、ジョン・C・ライリーら芸達者な俳優陣によって紡がれ、彼らの人生が偶然重なっていくタペストリーのような群像劇だ。特筆すべきは、トム・クルーズが熱演する、父親との確執を抱えた怪しげなセックス伝道師。「リスペクトザコック!」と雄叫びを上げ、「誘惑してねじ伏せろ」とパンツ1枚で信者にレクチャー。ハリウッドのスーパースターのイメージを裏切る、振り切った演技で新境地を見せている。あまりにも有名なラストは「偶然は必然、どうしようもない人生でも何が起こるかわからない、だから前向きに生きよう」と思わせてくれるような、シニカルではあるが愛と希望を謳う人間賛歌となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >