2018/12/28 18:00

ホットな歌姫が冴えないスーパー店員に!J・ロペス主演「セカンド・アクト」製作秘話

 [映画.com ニュース] 女優・歌手ジェニファー・ロペス主演のNetflixオリジナル映画「セカンド・アクト」。歌姫として世界的人気を博すロペスが、冴えないスーパーの店員を演じているが、その物語がどのように創出されたのかが明らかになった。

 「50回目のファースト・キス」「ゲット スマート」などで知られるピーター・シーガル監督がメガホンをとった本作。日々フラストレーションを溜めながら、スーパーマーケットで働く40歳のマヤ(ロペス)は、自分を変えようと決意しニューヨークへ飛んだ。求めていたキャリアや夢を叶えるべく、ニューヨーク市の中央に位置するビジネス街・マディソン通りで、ストリート生まれならではの“賢さ”を発揮していく。

 ロペスは「私が演じるためだけに作られた」と、今作成立の経緯を明かす。「エレイン・ゴールドスミス=トーマス(ロペス主演作「メイド・イン・マンハッタン」のプロデューサー)が着想を得て、脚本家ジャスティン・ザッカム(「最高の人生の見つけ方」など)を見つけたの。そして彼らが共同で、私のために脚本を書いたのよ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >