2018/12/28 18:00

「バード・ボックス」監督、Netflixだからこそ個性を出せた!「彼らは怖がらない」

キャスティングについても語った
キャスティングについても語った

 [映画.com ニュース] 「ゼロ・グラビティ」「オーシャンズ8」のサンドラ・ブロックが主演したNetflixオリジナル映画「バード・ボックス」(配信中)。「未来を生きる君たちへ」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞し、本作のメガホンをとったスサンネ・ビア監督が撮影を振り返り、キャスティングに込めた思いなどを語った。

 本作は、未曾有の異変に襲われ、人類の滅亡も迫る極限状態の中で、幼い子どもを守ろうとするマロニー(ブロック)の決死の姿を描く。生き残るためにできることは、決して“それ”を見ないということ。マロニーは目隠しをして逃避行に出る。「メッセージ」やハリウッド実写版「君の名は。」の脚本を担当することでも話題のエリック・ハイセラーが脚本を手がけた。

 ビア監督は「サンドラ(・ブロック)演じる主人公マロリーは優しくないの。最初のシーンで、彼女は子どもたちに『もし目隠しを外したら、あなたは死ぬのよ』って言うのだけれど、彼女は子どもたちを守るためにある意味、彼らを脅しているのね。でも、ちゃんと心情が伝わる。なぜなら、サンドラはどんな時でもとても好感を持てる人だからよ」と解説。「彼女はとても正直で彼女がやることすべてに誠実さがある。だから子どもたちを守るために、彼女があえて厳しく話しているんだろうとわかるの」と信頼を寄せる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >