2018/12/29 14:00

米エスクァイア誌が選ぶ、2018年のベスト映画25本

1位の「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」 (C)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved
1位の「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」 (C)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース]米エスクァイア誌が、2018年のベスト映画25本を選出した。

 1位は、パノス・コスマトス監督、ニコラス・ケイジ主演の血みどろスリラー「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」。愛する妻を惨殺され怒り狂った男(ケイジ)が、オリジナルの武器を作り壮絶な復讐に乗り出す。「ボーダーライン」「博士と彼女のセオリー」などで知られ、2018年2月に急逝したヨハン・ヨハンソンが音楽を担当した。

 2位は、「エクス・マキナ」のアレックス・ガーランド監督、ナタリー・ポートマン主演の「アナイアレイション 全滅領域」。3位は、ラッセル・ハーバー監督が長編初メガホンをとった、アンディ・マクダウェル主演の家族ドラマ「Love After Love」。4位は、ゴッサム賞で作品賞に輝いたクロエ・ジャオ監督、新人ブレイディ・ジャンドロー主演の「ザ・ライダー」。5位は、「少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー監督とホアキン・フェニックスがタッグを組み、現代版「タクシー・ドライバー」と評された「ビューティフル・デイ」が選ばれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >