2018/12/29 18:00

「クワイエット・プレイス」「サーチ」…“縛り”映画がブーム!2019年の注目作は?

“音”を頼りに誘拐事件を解決しよう とする「THE GUILTY ギルティ」 (C)2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S
“音”を頼りに誘拐事件を解決しよう とする「THE GUILTY ギルティ」 (C)2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

 [映画.com ニュース] 2018年も終わりに近づいているが、今年は「クワイエット・プレイス」「search サーチ」のような“縛り”設定のあるジャンルの作品が注目された。その流れを振り返るとともに、19年の注目作に焦点を当てる。

 16年は異常な聴覚を持つ盲目の老人に見つからないよう“息をしてはいけない”「ドント・ブリーズ」、17年は高速鉄道の中という限定空間のなかで展開するゾンビ映画「新感染」が話題に。18年はその流れがさらに加速し、エミリー・ブラントが主演した「クワイエット・プレイス」は、音に反応して人間を襲う何かによって人類が滅亡の危機に瀕した世界を舞台に、“決して音を立ててはいけない”というルールのなか生き延びる家族のサバイバルを描いた。「search サーチ」は“パソコン画面の映像だけ”で全編進行し、行方不明となった娘を探すため、父親が娘のPCを使ってSNSにアクセスを試みる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >