2018/12/30 07:00

2018年の北米映画興収、新記録を樹立

北米で7億ドルの大ヒット (C)Marvel Studios 2017
北米で7億ドルの大ヒット (C)Marvel Studios 2017

 [映画.com ニュース] 2018年の北米映画興行収入が、2016年に達成した113億9200万ドルを超えて新記録を樹立する見込みだと、米ハリウッド・レポーターが報じている。

 12月23日時点の北米映画興収は113億8300万ドルで、「アクアマン」「メリー・ポピンズ・リターンズ」「バンブルビー」といったホリデーシーズン作品が好調であることから、大みそかまでに118億ドルに達する見込みだ。

 今年もウォルト・ディズニーが独走しており、「ブラックパンサー」(7億ドル)、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(6億7880万ドル)、「インクレディブル・ファミリー」(6億860万ドル)とトップ3を独占。ユニバーサルの「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(4億1680万ドル)と20世紀フォックスの「デッドプール2」(3億1850万ドル)が続いている。

 映画館離れが危惧されるなかで、ここまでの興収を樹立できたのは、大味になりがちな超大作の評価が軒並み高かったことに加えて、多様な観客に合わせた作品をスタジオ側が提供できたことではないかとみられている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >