2018/12/30 12:00

米GG賞ノミネートにつながったクレア・フォイの迫真演技!「ファースト・マン」本編映像入手

怒りを爆発させる圧巻の芝居を披露 (C)Universal Pictures
怒りを爆発させる圧巻の芝居を披露 (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督が再タッグを組んだ「ファースト・マン」の本編映像を、映画.comが入手した。本作での圧巻の演技が評価され、第76回ゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネートを果たしたクレア・フォイの姿を映し出している。

 アメリカの月への有人宇宙飛行計画を、アポロ11号のニール・アームストロング船長の視点で描く本作。脚本は、第88回アカデミー賞脚本賞に輝いた「スポットライト 世紀のスクープ」で知られるジョシュ・シンガーが手掛け、ゴズリングがアームストロング船長役で主演、「蜘蛛の巣を払う女」(19年1月11日公開)も控えるフォイが妻のジャネット役を演じている。

 本編映像で披露される気迫に満ちたフォイの演技には、思わず視線が釘付けになることは間違いない。舞台は管制室のあるヒューストン。対峙するのは、飛行船があまりも危険な状態に陥ったため、通信回線をわざと遮断した指揮官のディーク(カイル・チャンドラー)だ。ジャネットは「今すぐ回線を戻して!」と直談判するものの、冷静な面持ちで「事態は我々の管理下にある」と切り返されたことで怒り爆発。「冗談でしょ。規定や手順で“管理している”と思うだけ。模型が好きな男の子と同じよ。何ひとつ管理下にない」と一気にまくし立て、その場を去っていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >