2018/12/31 08:00

2018年興収トップ10、邦画「劇場版コード・ブルー」、洋画「ジュラシック・ワールド」が首位

興行収入92.3億円を記録 (C)2018「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」製作委員会
興行収入92.3億円を記録 (C)2018「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」製作委員会

 [映画.com ニュース] 2018年日本国内における邦画と洋画の興行収入トップ10本がそれぞれまとまった。邦画は夏公開の「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が興収92億円を超える大ヒットを記録しトップ。2位にはシリーズ最高の興収91.8億円をあげた「名探偵コナン ゼロの執行人」が迫り、「映画ドラえもん のび太の宝島」も新シリーズ最高の興収53.7億円を記録して3位につけた。

 トップ10中7本を東宝配給作品が占めたが、是枝裕和監督「万引き家族」が興収45.3億円を稼ぎ4位、福田雄一監督「銀魂2 掟は破るためにこそある」が興収36.5億円で5位、さらに社会現象を巻き起こした上田慎一郎監督「カメラを止めるな!」が興収31億円を超え7位に食い込んでいる。トップ10中の実写作品6本合計で興収266.4億円、アニメ作品4本合計で興収205.2億円、10本合計で興収471.6億円(続映中あり)を記録し、17年の合計興収386.7億円を上回った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ユニークな人との出会いがありそう。今まで知らなかったものの...もっと見る >