2018/12/31 11:00

朝倉あき、自らの“会議”体験明かす 配給・東宝は会議室名をゴジラやモスラに変更

「七つの会議」に出演した朝倉あき
「七つの会議」に出演した朝倉あき

 [映画.com ニュース] 人気作家・池井戸潤氏の企業犯罪小説を野村萬斎主演、福澤克雄監督で映画化する「七つの会議」にOL役で出演する女優の朝倉あきが、自身が体験した“会議室”に関するエピソードを映画.comに寄せた。

 今作で萬斎が演じる主人公は、中堅メーカー・東京建電の営業一課の万年係長・八角民夫(通称ハッカク)。入社当時は敏腕営業マンだったらしいが、現在はいわゆる“ぐうたら社員”で、年下の課長・坂戸(片岡)からその怠惰ぶりを叱責される。そんななか、坂戸のパワハラが社内で問題となり、異動処分が下される。万年二番手に甘んじてきた原島(及川)が新課長に着任するが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。萬斎のほか、香川照之、及川光博、片岡愛之助、音尾琢真、立川談春、北大路欣也という今までの池井戸作品を支えてきた豪華な俳優陣が顔をそろえている。

 OLの浜本優衣に扮した朝倉に、今作のタイトルにもある「会議」について聞いてみると「会議や打ち合わせで自分がとったメモが、あとで見返したらとても面白い仕上がりになっている、ということがよく起こる」そうで、「急いでいたのか、文字のら列がほぼ波線になっていて、判読するのに苦労したり、アートみたいな漢字の省略か出来上がっていたり、また図や絵などは、人さまには見せるのが恥ずかしい仕上がりになっているのはしょっちゅうです」と告白。さらに、「写真付IDパスを胸から下げていらして、写真と目の前の人との違いがありすぎて話に集中できなくなってしまった」こともあったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >