2018/12/31 14:00

米Vultureが選ぶ、2018年のベスト新テレビ番組10本

「キリング・イヴ Killing Eve」より (C) Sid Gentle Films
「キリング・イヴ Killing Eve」より (C) Sid Gentle Films

 [映画.com ニュース] エンタテインメントサイトの米Vultureが、2018年に放送・配信がスタートしたテレビ番組のベスト10作品を選出した。

 1位は、「ゴーン・ガール」の原作者ギリアン・フリンのデビュー小説「KIZU 傷」を、エイミー・アダムス主演でドラマ化した「Sharp Objects(原題)」。新聞記者のヒロインが、猟奇殺人事件の取材で帰郷したことをきっかけに自らの過去と対峙するサスペンスで、「ダラス・バイヤーズクラブ」「ビッグ・リトル・ライズ」のジャン=マルク・バレが監督を務め、批評家からも視聴者からも絶賛された。

 2位は、「グレイズ・アナトミー」のサンドラ・オーが主演する、英諜報機関MI5の女性捜査官が冷酷な女暗殺者を追うスパイドラマ「キリング・イヴ Killing Eve」。3位には、「サタデー・ナイト・ライブ」出身のマーヤ・ルドルフ&フレッド・アーミセンが夫婦を演じる「フォーエバー 人生の意味」がランクイン。ほか、「007」最新作が控えるキャリー・ジョージ・フクナガ監督、エマ・ストーン&ジョナ・ヒルが共演したNetflixのSFダークコメディ「マニアック」が6位に入った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >