2018/12/31 16:00

IMAX上映の世界興収が10億ドルを突破

1億4358万ドルを記録!
1億4358万ドルを記録!

 [映画.com ニュース] 大型スクリーンと高音質を提供するIMAXが、2018年の世界総興収で10億ドルを突破したと発表した。

 IMAX社50年の歴史で初めてのことで、ハリウッド大作のIMAX上映が好調であるのに加え、ローカル映画もトータルで1億ドルを突破。IMAX映画の興収トップ10作品のうち、6本がIMAXカメラを使用したか、IMAXのスクリーン比率に拡大されたIMAX DNAと呼ばれる作品であるのも注目だ。

 19年も、「アリータ バトル・エンジェル」(ロバート・ロドリゲス監督)や「キャプテン・マーベル」「アベンジャーズ エンドゲーム」「ザ・ライオンキング」などのIMAX DNA作品の公開を控えている。

 なお、ローカル作品の興収トップ10作品のうち、8作品が中国映画だった。18年9月30日の時点で、IMAX上映館は世界79カ国に1443館ある。

2018年のIMAX作品の世界興収ランキング
1 「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」 (1億4358万ドル)
2 「ブラックパンサー」(8111万ドル)
3 「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(6675万ドル)
4 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(5360万ドル)
5 「レディ・プレイヤー1」(5212万ドル)
6 「アクアマン」(現時点で4300万ドル。年末までに6300万ドルに到達の見込み)
7 「ヴェノム」(4284万ドル)
8 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(4002万ドル)
9 「アントマン&ワスプ」(3210万ドル)
10 「MEG ザ・モンスター」(2991万ドル)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >