2018/12/31 18:00

病院で襲われたらこうしろ!イコ・ウワイス“先生”が教える実践映像

「マイル22」で重要参考人を演じた (C)MMXVIII STX Productions, LLC. All Rights Reserved.
「マイル22」で重要参考人を演じた (C)MMXVIII STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 「バトルシップ」「ローン・サバイバー」などのピーター・バーグ監督が、「トランスフォーマー」シリーズのマーク・ウォールバーグと4度目のタッグを組んだ「マイル22」の特別映像が公開された。「ザ・レイド」シリーズで知られ、インドネシアの伝統的な武術シラットを操るイコ・ウワイスの格闘シーンをふんだんに収めている。

 危険物質が何者かに盗まれ、その行方を知る男リー・ノア(ウワイス)が重要参考人として保護される。彼は国外への脱出を条件に情報を提供することを約束し、ジェームズ・シルバ(ウォールバーグ)率いるCIAの機密特殊部隊は、アメリカ大使館から空港までの22マイル(35.4キロメートル)にわたり、リーを護衛するミッションに挑む。

 特別映像は「イコ・ウワイスに学ぶ 病院で襲われたときの対処法」と題され、リーが病院で襲われるシーンを収録。医務室で検査を受けるリーだったが、突然医師の姿をした男から「裏切り者」とささやかれる。部屋の鍵を閉められ、毒入りらしき注射器を持った男に狙われるが、手で止めて避けるリー。手錠でベッドに拘束されており、身動きが取りづらい状況ながらも、敵たちの攻撃を終始レベルの高い足技と片手での防御で交わしていく。

 目についたライトやベッドを使って反撃する様子や、ウワイスの身体能力を生かして壁を登るシーンなどが収められ、不利な状況でも諦めず危機的状況を切り抜ける。映像の最後には、戦うリーの格好がパンツ1枚だったことにもツッコミも入れられ、なぜそんな状況になってしまったのかも気にかかる内容だ。

 「マイル22」は2019年1月18日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >