2018/12/31 20:30

2018年は6作品で大活躍! 大泉洋、老若男女に愛される“多彩な演技”をプレイバック

大泉洋がストイックな役づくりで挑んだ (C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会
大泉洋がストイックな役づくりで挑んだ (C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

 [映画.com ニュース] 幅広い役柄を演じ、世代を問わず愛される俳優・大泉洋。2018年は実写映画4本、声優を務めたアニメーション映画2本が公開され、映画館のスクリーンで大泉の姿を見ない日はないと言っても過言ではないほど、大活躍の1年となった。大泉の多彩な演技を楽しめる、今年の出演作を一挙に振り返る。

 まずは、眉月じゅん氏の人気漫画を実写化した「恋は雨上がりのように」。女子高生に猛アタックされる冴えない中年のファミレス店長役で、飾らない優しさを持つ「普通のおじさん」を嫌味なく演じ、原作ファンから好評を得た。鄭義信による人気戯曲を映画化した家族ドラマ「焼肉ドラゴン」では関西弁に初挑戦し、秘めた思いを抱えるダメ男・哲男を熱演。棚橋弘至の映画初主演作「パパはわるものチャンピオン」ではプロレス雑誌の編集長役を務め、色つきメガネに無精ひげというアクの強いビジュアルを披露した。大泉のアドリブがほぼ採用されているという出演シーンに注目だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >