2018/12/31 20:30

2018年は6作品で大活躍! 大泉洋、老若男女に愛される“多彩な演技”をプレイバック

 さらに、国民的人気アニメの劇場版シリーズ第33弾「映画ドラえもん のび太の宝島」では、敵となる海賊船の船長・シルバーの声を担当し、優しかったシルバーがある出来事をきっかけに変化していく様子を巧みに表現。イルミネーション・エンタテインメントの最新作「グリンチ」では、家族も友だちも持たず寂しく暮らすひねくれ者の主人公・グリンチの声を務め、村人たちから大嫌いなクリスマスを盗もうとする物語を紡いだ。どこか大泉自身に似ている、憎めないユニークなキャラクターに息吹を吹き込んでいる。

 18年の最後を飾ったのは、難病・筋ジストロフィーを患いながらも障がい者施設を飛び出し、ボランティアに愛されながら約20年間にわたる自立生活を続けた実在の人物・鹿野靖明氏を演じた「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」。夜中に「バナナ食べたい」と言い出すなど、ボランティアたちをありとあらゆるわがままで振り回す鹿野だが、どんなに重い障害を抱えていても、心のままに自由に生きていくことを諦めず、強く生きる姿を描く。

 本作で大泉は、渾身の役づくりを敢行。鹿野氏本人が愛用していた度が強くぶ厚いメガネとそっくりなものをかけながら、わざと視力を落とすためのコンタクトレンズを装着して撮影に臨み、病気の進行とともにやつれていく姿を体現するべく、食事制限と走りこみによって最大10キロの減量に成功した。徹底的に容姿を近付けた上で、大泉の「人たらし」という資質が生かされ、鹿野氏が醸し出す自然な魅力を再現している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >