2019/01/01 10:00

ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2018年の映画ベスト10

ジョン・ウォーターズ監督
ジョン・ウォーターズ監督

 [映画.com ニュース] 「ピンク・フラミンゴ」や「ヘアスプレー」などで知られるカルト作家のジョン・ウォーターズ監督が、2018年の映画ベストテンを米Artformに発表した。

 トップに選んだのは、フランスのブリュノ・デュモン監督の「ジャネット、ジャンヌ・ダルクの幼年期」で、「今年最高の映画」と絶賛。 ただし、「きっとこの映画を憎むことになる」との警告を沿えているのが、ウォーターズ監督らしい。

 2位はバリー・キオガン(「ダンケルク」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」)やエバン・ピータースら若手俳優が共演した犯罪スリラー「アメリカン・アニマルズ」で、「青年グループの狂気は、とても美しい」と評している。3位は歌手のニコの伝記映画「ニコ 1988」で「小規模で、悲しく、恐れ知らずの伝記映画」としている。

 映画評論家が選ぶ年間ベスト10とは一線を画す、まさにウォーターズ監督らしいセレクションとなっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >