2019/01/03 08:00

古川雄大「下町ロケット」で“嫌なやつ”熱演も実は農業男子

 [映画.com ニュース] 俳優・古川雄大のTBS系ドラマ「下町ロケット」での熱演が、大きな話題を呼んでいる。1月2日に特別編が放送されたばかりだが、古川は第6話から登場。立川談春演じる殿村には横柄な態度を取りながらも、上司には媚を売る農林業協同組合の吉井浩に扮した。

 吉井は大農家の三男で、農林協に所属する職員。農林協を通さずにスーパーや個人客と直接取引する殿村を目の敵にしており、甘やかされて育ったためにあらゆる物事を軽視し、「米なんて食えればいい」と不遜な態度を取っていた。圧力をかけ続けていた殿村に、最終的に一蹴されている。

 そんな役どころに対し、古川は「吉井という役と向き合うときに、殿村さんにとって吉井や稲本という存在があってこそ、米作りへの愛情や信念が強くなってもらえるような存在でありたいと思いました」と胸中を明かす。それもそのはずで、古川は長野県高山村出身。実家は果物農家をしていたこともあったそうで、幼少期は休日になると家族総出で畑を手伝い、一生懸命働く祖父母、両親の背中を見てきたからこそ農業は身近な存在だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >