2019/01/03 10:00

「田園に死す」「青春の殺人者」「家族ゲーム」…ATGの傑作が手ごろな価格で再リリース

日本映画史に残る傑作がずらり
日本映画史に残る傑作がずらり

 [映画.com ニュース]1960年代に発足し、既存の日本映画とは一線を画した傑作を送り出した映画会社ATG(日本アート・シアター・ギルド)。このほどキングレコードから、DVD37作品、ブルーレイ14作品が手ごろな価格で(DVD1900円、ブルーレイ2500円、税別)で2月13日に再発売される。

 松田優作を主演に森田芳光監督が受験戦争を描いた「家族ゲーム」(83)、「日本のいちばん長い日」の巨匠・岡本喜八監督が自身の代表作と称した「肉弾」(68)、寺山修司が脚本を手がけ永島敏行が不良少年を演じその年の各賞を総なめした青春映画の金字塔「サード」(78)、原田芳雄主演で坂本龍馬の最期の3日間を描き新しい龍馬像を創造した青春時代劇「竜馬暗殺」(74)など。

 日本映画界が下降線を辿る中、1961年に設立されたATGは、フランスのヌーベルバーグ、イタリアのネオレアリズモ、アメリカのニューシネマなどの世界的な映画の潮流を背景に、他の映画会社とは一線を画す非商業主義的な芸術作品を製作・配給。その作風は前衛的な芸術作品や野心的な青春映画を中心に、不穏さや陰鬱さに満ちたもの、そして性や愛を過激に描く作品も多く、若者たちから絶大な支持を受けた。また森田芳光や井筒和幸、大森一樹らの若手監督を起用し、日本映画史に多大な影響を与えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >