2019/01/04 19:00

ビートルズ、ストーンズ、ツイッギー… マイケル・ケインが語る“スウィンギング・ロンドン”

60年代の英国カルチャーを語ったマイケル・ケイン (C)Raymi Hero Productions 2017
60年代の英国カルチャーを語ったマイケル・ケイン (C)Raymi Hero Productions 2017

 [映画.com ニュース] イギリスの名優マイケル・ケインが、プロデュースとプレゼンターを務め、1960年代のカルチャー“スウィンギング・ロンドン”にフォーカスを当てたドキュメンタリー「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」が1月5日公開する。デビッド・バッティ監督がケインをはじめ、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フーといった大物ミュージシャン、モデルのツイッギー、ファッションデザイナーのマリー・クワントといった時代を彩るキーパーソンたちに、6年がかりで50以上のインタビューを敢行。ケインが、本作への参加経緯や、当時の文化が今の時代に与えた影響などを語った。

--このドキュメンタリーに深く関わった理由を教えてください。

 「一番の動機は、これは実際にわたしが経験したことであり、ここで語られていることをすべて知っていたから。きっかけは、わたしの友人であるプロデューサーのサイモン・フラーと話すうちに、ある日彼が、『60年代についてのドキュメンタリーを作らないか?』と、思いついたことだった。『君が言ったことに沿って作るようなものにしたらどうだろう。デビッド・バッティという優れた監督がいるから』と。だからこの映画自体が、アクシデントによって生まれたようなものなんだ。それこそこの映画が描いている60年代みたいに、仲間が集まって意気投合して、面白そうだ、やろうぜ、というノリで実現したものなんだよ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >