2019/01/06 08:00

エミリー・ブラント、躍進の裏にあったのは“吃音症の苦悩”と“演劇との出合い”

「メリー・ポピンズ リターンズ」で歌&ダンスを披露するブラント (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
「メリー・ポピンズ リターンズ」で歌&ダンスを披露するブラント (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 1964年のミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の約50年ぶりとなる続編「メリー・ポピンズ リターンズ」での演技が高評価を受け、エミリー・ブラントは第76回ゴールデングローブ賞主演女優賞(コメディ/ミュージカル)にノミネートされた。劇中では誰をも魅了する歌声を披露しているが、過去には吃音症に悩まされていたという辛い経験があったようだ。

 「プラダを着た悪魔」で注目され、近年は「ガール・オン・ザ・トレイン」「クワイエット・プレイス」といった話題作への出演が相次ぐブラント。「私は幼い頃、『英国王のスピーチ』でコリン・ファースが演じたジョージ6世くらいの吃音症だったの。最もひどかった時期は12歳の頃で、当時はほとんど話さないようにしていたわ」と吃音症を理由に人との関わりを避けていたようだ。そんな彼女を変えるきっかけとなったのは“演劇との出合い”だった。

 「学校の先生が演劇クラスに誘ってくれたの。それまで演技に全く興味はなかったけれど、面白い声や北部なまり、いつもと違うアクセントで話したらどう? と言ってくれた。それで誰かを演じるように違うアクセントで話したら、本当に流暢に話せるようになったの。そのことがきっかけで自分に自信がつき、人前でしゃべれるようになったわ」と演技をきっかけに吃音症を克服。その後、歌と演劇を学ぶ全寮制の学校に進学したブラント。そこで開花させた歌の才能は、レコード会社から歌手デビューのオファーを受けるほど。やがて、女優の道へと進みながらも「ナターシャの歌に」「イントゥ・ザ・ウッズ」出演時には、美しい歌声を披露してみせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >