2019/01/06 13:00

USウィークリーが選ぶ2018年の“印象深い”映画トップ10

2位に入った「グリーンブック」 (C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
2位に入った「グリーンブック」 (C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 米USウィークリーが、2018年に全米で公開された約200本の中から“最も印象深い”映画トップ10を発表した。

 第1位は、エルシー・フィッシャー主演で“負け組”女子の中学卒業までの1週間を描いた、ボー・バーナムの監督デビュー作「Eighth Grade(原題)」。思春期特有の悩みと葛藤を、笑いと涙を交えて鮮烈かつ繊細に描き上げた青春映画の新たな傑作と、同誌は絶賛する。

 第2位は、第43回トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞に輝いた「グリーンブック」。人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ扮する黒人ジャズピアニストと白人運転手(ビゴ・モーテンセン)の2人が繰り広げる旅を描いた、勇気と希望を与えてくれる感動作だ。

 ベネチア国際映画祭コンペティション部門で金獅子賞に輝いたアルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA ローマ」、エマ・ストーンとレイチェル・ワイズを主演に迎え、ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督がメガホンをとった宮廷ドラマ「女王陛下のお気に入り」、詐欺で有罪判決を受けた伝記作家リー・イスラエルの回顧録を、人気コメディ女優のメリッサ・マッカーシー主演で映画化した「Can You Ever Forgive Me?」など、本年度賞レースの注目作が名を連ねるなか、アメリカの国民的子ども向け番組「Mister Rogers' Neighborhood」(1968~2001)の司会者兼制作者で、“ミスター・ロジャース”の愛称で親しまれたフレッド・ロジャースに迫るドキュメンタリー映画「Won't You Be My Neighbor?(原題)」が第3位と健闘した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ユニークな人との出会いがありそう。今まで知らなかったものの...もっと見る >