2019/01/07 16:30

ヒュー・ジャックマン、“疑惑”で失脚した米大統領候補に「フロントランナー」特別映像公開

大統領予備選の裏側を描く
大統領予備選の裏側を描く

 [映画.com ニュース] 「グレイテスト・ショーマン」「X-MEN」シリーズのヒュー・ジャックマン主演する「フロントランナー」の特別映像が、公開された。ジャックマンが、本作で演じた実在の政治家ゲイリー・ハートについて語っている。

 1988年に行われた、アメリカ大統領選挙。ハート上院議員(ジャックマン)は、史上最年少の46歳で民主党の大統領候補となり、予備選で最有力候補として一気に躍り出る。大衆からも愛されていたハート上院議員だったが、マイアミ・ヘラルド紙の記者がつかんだ“ある疑惑”が一斉に報じられると事態は一変する。監督は「マイレージ、マイライフ」「JUNO ジュノ」でアカデミー賞にノミネートされたジェイソン・ライトマンが務め、「セッション」のJ・K・シモンズらが共演する。

 特別映像は、ジャックマン、選挙参謀ビル・ディクソン役のシモンズ、ライトマン監督のコメントと共に、本作の見どころを紹介していく。ジャックマンはハート上院議員について「彼は私生活を重んじた。若者には娯楽より教育を与えたい。私生活を尊重したが、有権者からは堂々とした態度が求められる。しかし下着のことまで聞かれ始めて“政治的手腕とは無関係だ”と回答を拒否した」と解説し、「重要なのは“なぜそこまで人々は知りたがるのか”」と作品に込められたメッセージを伝える。

 シモンズは「ハートは記者と酒を酌み交わす仲だった」と当時の政治家とマスコミの関係性について説明し、ライトマン監督は「本作は何を問題にするかを世間に問うている」と作品のテーマを明かした。

 「フロントランナー」には、ジャックマン、シモンズのほか、「死霊館」シリーズのベラ・ファーミガ、「スパイダーマン2」「ダヴィンチ・コード」などのアルフレッド・モリーナらが出演。2月1日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ユニークな人との出会いがありそう。今まで知らなかったものの...もっと見る >