2019/01/07 22:30

「赤い雪」主演・永瀬正敏「圧倒的な脚本に惹かれました」

舞台挨拶に臨んだ永瀬正敏、井浦新ら
舞台挨拶に臨んだ永瀬正敏、井浦新ら

 [映画.com ニュース] 永瀬正敏、菜葉菜がダブル主演する映画「赤い雪 Red Snow」の完成披露試写会が1月7日、都内で行われ、永瀬、菜葉菜、井浦新の主要キャスト、甲斐さやか監督が顔をそろえた。

 同作は30年前、雪が降り続く村で起こった少年失踪事件をめぐるサスペンス。「オンディーヌの呪い」などが国内外の映画祭で評価を受ける甲斐の長編監督デビュー作。監督自らが書いた脚本が高く評価され、永瀬、菜葉菜、井浦新、佐藤浩市、夏川結衣ら実力派が結集した。

 30年前の事件を今も引きずる被害者の兄を演じた永瀬は、「圧倒的な脚本力に惹かれました。すごいな、どんな方が書いたのかと思いきや、監督はとてもかわいらしい方でした。(現場には)真っ白な気持ちで入りました。この監督には、なにかある。監督に染めてもらって、ラストに向かっていけばいいと思いました」。

 事件の容疑者(夏川)のひとり娘に扮した菜葉菜は「監督の短編を見て、ぜひお仕事したいと思っていたら、『ぴったりの役がある』と言われたのがこの作品。まさにこういう役をやりたかった」。事件の真相を追う記者役の井浦も「僕も脚本に驚いた。この本を書いた人が長編初監督でどんな演出するのか、好奇心をかきたてられた」と口々に脚本の出来栄えを絶賛していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >