2019/01/08 16:00

GG賞受賞のオリビア・コールマン、「女王陛下のお気に入り」は無礼で滑稽で下品!

第76回ゴールデングローブ賞で 主演女優賞を受賞した (C)2018 Twentieth Century Fox
第76回ゴールデングローブ賞で 主演女優賞を受賞した (C)2018 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース] 1月7日(日本時間)に発表された第76回ゴールデングローブ賞の主演女優賞(コメディ/ミュージカル)を受賞したオリビア・コールマンが、「女王陛下のお気に入り」について語るインタビュー映像を映画.comが入手した。

 本作は、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」などのヨルゴス・ランティモス監督が、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描く。コールマンのほか、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルトらが出演。第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリを受賞、イギリスのインディペンデント映画を対象にした英国インディペンデント映画祭では作品賞をはじめ、歴代最高となる10冠を達成している。

 実在の歴史人物であるアン女王を演じたコールマンは「彼女は多面的な人物として描かれていた。欠陥のある極端な人という意味でね。だからこそルールがなかった」と振り返り、「それに、どう演じても本人に文句は言われない。だから、いわばやりたい放題にできた」と、自由に演じられたことを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >