2019/01/09 16:30

ワーナー・ブラザースが世界累計興収の新記録を樹立

「アクアマン」が牽引 (C)2018 Warner Bros Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
「アクアマン」が牽引 (C)2018 Warner Bros Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 [映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースの2018年の世界累計興行収入が、同社史上最高記録を樹立した。米バラエティが報じている。

 「アクアマン」「アリー スター誕生」「MEG ザ・モンスター」などの大ヒットで、前年比9%アップの56億ドルに到達。73億3000万ドルのウォルト・ディズニーに続き、映画スタジオとして2位になった。

 北米の累計興収は19億ドル。北米を除く世界累計興収では、前年から17%アップの36億ドルを記録。中国、ロシア、ウクライナなど21の国と地域で新記録を樹立している。北米市場では低調だった「レディ・プレイヤー1」や「ランペイジ 巨獣大乱闘」といった大作映画も、これらの映画市場ではヒットとなった。

 同社の世界配給部門トップを務めるトム・モルター氏は、「これらの地域では、伝統的とは言えない作品が大ヒットしています。これらの地域の観客はとても感受性が高く、質の高い物語を求めているということです。とても勇気づけられます」と説明している。

 世界興収のトップは「アクアマン」(8億5000万ドル)で、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(6億3100万ドル)、「レディ・プレイヤー1」(5億8200万ドル)、「ランペイジ 巨獣大乱闘」(5億2800万ドル)が続いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >