2019/01/09 17:00

米監督組合賞ノミネート発表 ブラッドリー・クーパーは両部門に選出

長編映画部門と初長編映画部門の 両部門にノミネート! (C)HFPA
長編映画部門と初長編映画部門の 両部門にノミネート! (C)HFPA

 [映画.com ニュース] 第71回米監督組合(DGA)賞のノミネーションが1月8日(現地時間)に発表された。

 長編映画部門は、6日に行われたゴールデングローブ賞の監督賞にノミネートされていた5人と同じ顔ぶれとなった。ちなみに、ゴールデングローブ賞監督賞を獲得したのは「ROMA ローマ」のアルフォンソ・キュアロンで、5年前に「ゼロ・グラビティ」でキュアロンはDGA賞を受賞後、アカデミー賞監督賞を受賞している。

 初長編映画部門には、ネクスト「ゲット・アウト」と評されたダークコメディ「Sorry to Bother You」で監督・脚本を務めたラッパーのブーツ・ライリーや、青春映画「エイス・グレード(原題)」で新人賞を多数獲得してきた28歳のスタンダップコメディアン、ボー・バーナムらが選出された。また、「アリー スター誕生」のブラッドリー・クーパーが両部門にノミネートされた。

 授賞式は2月2日に開催される。第71回DGA賞ノミニーは以下の通り。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >