2019/01/09 20:00

大沢たかお主演×入江悠監督「AI 崩壊」撮影快調!北島プロデューサー「日本から世界へ」

入江悠監督
入江悠監督

 [映画.com ニュース] 入江悠監督の最新作で大沢たかおが主演するオリジナル作品「AI 崩壊」の撮影が、順調に進んでいる。興行収入24億円を超える大ヒットとなった「22年目の告白 私が殺人犯です」のスタッフが再結集する今作で、企画・プロデュースを務める北島直明氏に話を聞いた。

 「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江監督と北島プロデューサーが再びタッグを組む今作は、入江監督の完全オリジナル脚本となる意欲作。2030年の日本を舞台に医療、金融、交通、セキュリティなど、AIが国民の生活を支えるインフラとして欠かせない存在となっている社会で、信頼していたAIが暴走を始め、日本中を巻き込む大惨事が発生するというストーリーだ。主演の大沢が画期的なAIを開発する天才科学者・桐生浩介を演じるほか、賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、三浦友和ら豪華キャストが顔を揃えている。

 「ちはやふる」3部作(小泉徳宏監督)、「50回目のファーストキス」(福田雄一監督)、「藁の楯 わらのたて」(三池崇史監督)など、意欲作を数多く手がけてきた北島氏は、「まだちょっと固まっていない感じはしますね」と撮影現場を見回しながら明かす。というのも、「今回はオリジナルですから、すがるもの、見えているものが何もないんですよね。これまでは原作というものが存在していたこともあって、イメージ共有がしやすかった。今回はそれがないから、『このシーンでこういうお芝居をするんだとしたら、後半はこうなってくるよね』という話を監督とよくしています」と充実した面持ちを浮かべる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ユニークな人との出会いがありそう。今まで知らなかったものの...もっと見る >