2019/01/10 12:00

「クイーン」B・メイ&R・テイラーが明かす、映画「ボヘミアン・ラプソディ」と事実の違い

「クイーン」のブライアン・メイと ロジャー・テイラー (C)HFPA
「クイーン」のブライアン・メイと ロジャー・テイラー (C)HFPA

 [映画.com ニュース] 世界的なロックバンド「クイーン」とボーカルのフレディ・マーキュリーを題材にした「ボヘミアン・ラプソディ」が、社会現象ともいえる異例なヒットを飛ばしている。アカデミー賞の前しょう戦として知られるゴールデングローブ賞で作品賞(ドラマ部門)と主演男優賞(ラミ・マレック)の2部門を受賞したことを受けて、同バンドのブライアン・メイとロジャー・テイラーが同賞を主催するハリウッド外国人記者協会の取材を受けた。

――「ボヘミアン・ラプソディ」は現時点で世界累計興行収入7億4300万ドルと伝記映画として史上最高の大ヒットとなっていますが、いまのご心境はいかがですか?

ロジャー・テイラー(以下、テイラー)「こんな状況になるなんて、思ってもみなかったよ。ここまでヒットするなんて、誰も予想していなかったしね」

ブライアン・メイ(以下、メイ)「なによりもエキサイティングなのは、この映画で僕らのことを知った若い観客が、クイーンの音楽を愛してくれていることだね。ロックグループが長生きするためには、若い血が常に必要なんだ。ドラキュラのように(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >