2019/01/11 11:00

英国アカデミー賞「女王陛下のお気に入り」が最多12ノミネート

「女王陛下のお気に入り」が最多12ノミネート (C)2018 Twentieth Century Fox
「女王陛下のお気に入り」が最多12ノミネート (C)2018 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース] 英国映画テレビ芸術アカデミーが1月9日(現地時間)、英国アカデミー(BAFTA)賞のノミネーションを発表した。

 最多ノミネートはヨルゴス・ランティモス監督「女王陛下のお気に入り」で、作品賞、英国作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、主演女優賞、助演女優賞を含む12ノミネートを獲得した。主演女優賞にノミネートされたオリビア・コールマンは、全米俳優組合(SAG)賞にもノミネートされているほか、先日はゴールデングローブ賞を受賞しており、アカデミー賞でも主演女優賞の最有力候補のひとりと見られている。

 次いで7ノミネートを獲得したのは、アルフォンソ・キュアロン監督「ROMA ローマ」、ブラッドリー・クーパー監督「アリー スター誕生」、「ボヘミアン・ラプソディ」(製作途中で解雇されたがクレジット上はブライアン・シンガー監督)、デイミアン・チャゼル監督「ファースト・マン」の4作品。そして、アダム・マッケイ監督「バイス」が6ノミネート、スパイク・リー監督「ブラック・クランズマン」が5ノミネートと続いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >