2019/01/15 12:00

放送映画協会賞が発表 アルフォンソ・キュアロン監督「ROMA ローマ」作品賞含む最多4冠

4部門を制した「ROMA ローマ」
4部門を制した「ROMA ローマ」

 [映画.com ニュース] 放送映画批評家協会(BFCA)が主催する第24回クリティック・チョイス・アワードが発表され、「ROMA ローマ」が作品賞、監督賞、外国語映画賞、撮影賞の最多4冠に輝いた。

 アルフォンソ・キュアロン監督「ROMA ローマ」は、政治的混乱に揺れる1970年代のメキシコを舞台に、ある中産階級の家庭に訪れる激動の1年を家政婦の視点から描いたヒューマンドラマで、今年の賞レースを牽引する存在になっている。

 主演男優賞に輝いたのは、「バイス」のクリスチャン・ベール。同作はジョージ・W・ブッシュ政権で絶大な権力を握ったディック・チェイニー副大統領を描く社会派ドラマで、ベールは体重を約20キロ増量し髪を剃る変貌ぶりを見せ、ゴールデングローブ賞(コメディ/ミュージカル)主演男優賞を獲得した。

 主演女優賞は、同じくゴールデングローブ賞(ドラマ)主演女優賞に輝いた「天才作家の妻 40年目の真実」のグレン・クローズと、「アリー スター誕生」のレディー・ガガが同時受賞した。ガガは、“Shallow” で歌曲賞も受賞している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >