2019/01/15 15:50

第42回日本アカデミー賞、「万引き家族」「孤狼の血」「北の桜守」が最多12部門で優秀賞

司会を務める西田敏行と蒼井優
司会を務める西田敏行と蒼井優

 [映画.com ニュース] 第42回日本アカデミー賞は1月15日、正賞15部門各優秀賞および新人俳優賞・正賞外賞を、東京・グランドプリンスホテル新高輪で発表した。

 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で最高賞のパルム・ドールに輝き、先日発表されたLA映画批評家協会賞で外国語映画賞を受賞した「万引き家族」をはじめ、「北の桜守」「孤狼の血」が最多12部門を受賞(「万引き家族」は13賞)。「空飛ぶタイヤ」が9部門、「カメラを止めるな!」が8部門で続いた。

 発表の席には、授賞式の総合司会を務める西田敏行、「彼女がその名を知らない鳥たち」で第41回の最優秀主演女優賞を受賞し、初めて司会に挑む蒼井優が出席した。

 6年連続で総合司会を務める西田は「また、この時期が来たと思うと、いろいろな思いが去来する。どの作品が最優秀賞にふさわしいのか、(受賞の行方を)見届けたい」と余裕の表情。注目する作品を問われると「『孤狼の血』には、ライバルの役所(広司)くんが出ているから、なるべく受賞してほしくない」と笑いを誘い、「万引き家族」については「これだけ褒められた作品ですから、日本アカデミー賞だけは外すこともあるのかな……」と思いをめぐらせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >