2019/01/16 12:00

ビスコンティ「山猫」修復版を35ミリ&デジタルで上映 日本で最後の劇場公開

 [映画.com ニュース]イタリアの巨匠ルキノ・ビスコンティの代表作で、第16回カンヌ国際映画祭で最高賞に輝いた「山猫」4K修復版が、3月17日から35ミリプリントとデジタルで同時上映されることが決定した。日本での契約満了により、「山猫」が劇場のスクリーンで見られる最後の機会となる。

 イタリア有数の名門貴族の生まれであるビスコンティは、貴族文化の洗練をまとい、音楽、美術、文学の造詣が深い映画史の中でも唯一無二の存在。本作はイタリア王国誕生の夜明け、ビスコンティの分身とも言える、シチリアを統治するサリーナ侯爵の滅びゆく美学を描いたドラマ。アラン・ドロンをはじめ、バート・ランカスター、クラウディア・カルディナーレら豪華キャストが出演、撮影に36日間をかけたといわれる大舞踏会シーンなど、映画史に残る一大巨編だ。

 このほど上映されるのは2010年、マーティン・スコセッシ設立のフィルムファンデーションとGUCCIの資金提供により1万2000時間をかけて復元された4K版。35ミリプリントとデジタルの両方で上映する初の試みだ。

 統一戦争に揺れる1860年のイタリア。シチリア島を長年に渡って統治してきた名門サリーナ侯爵家にも革命の波が押し寄せる。貴族社会の終焉を感じながらも優雅な暮らしを続ける公爵は一家を連れて避暑地へと向かうが、革命軍の闘士となった公爵の甥タンクレディが、新興ブルジョワジーの娘アンジェリカと恋に落ちる。

 「山猫」4K修復版は、3月17日から東京都写真美術館ホールほか全国順次公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >