2019/01/16 12:00

石井裕也監督、最新作は「町田くんの世界」!少女漫画原作の映画化に挑戦

 [映画.com ニュース] 日本映画界を牽引する石井裕也監督が、安藤ゆき氏の人気漫画を実写映画化する「町田くんの世界」のメガホンをとっていることがわかった。作品は既に完成しており、主演を含むキャストは後日発表予定。映画.comでは、少女漫画原作を初めて映画化するに至った境地を、石井監督に聞いた。

 商業映画デビュー作「川の底からこんにちは」で第53回ブルーリボン賞の監督賞を史上最年少で受賞した石井監督は、オリジナル作品「あぜ道のダンディ」「ハラがコレなんで」をはじめ、「舟を編む」「ぼくたちの家族」「バンクーバーの朝日」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」といった意欲作を手がけ続けてきた。そんななか今回は、「ちはやふる」3部作、「22年目の告白 私が殺人犯です」、最新作「AI 崩壊」など真摯な映画作りで知られる北島直明プロデューサーと初タッグを組む。

 石井監督に「町田くんの世界」のオファーを受けた理由を聞いてみると、「少女漫画原作だからということに尽きるんじゃないかな」という予想外の答えが戻ってきた。「いま、流行っているじゃないですか。そのうちの何本かは拝見しましたし。そういうものをやってみたいという気持ちはありましたね。キラキラ映画というものの定義って誰もしていないでしょうし、誰もがまじめにとらえていないと思うんです。だからこそ、青春時代の苦悩に裏づけされた輝きみたいなものを、もう少しまじめにやってもいいんじゃないかなと思ったんです。いまの10代の人たちが喜ぶ少女漫画原作のキラキラ映画に反旗を翻すのではなく、その中で戦ってみたいという思いがあったんです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >