2019/01/17 07:00

染谷将太「旅のおわり世界のはじまり」でディレクター役「どこかで黒沢監督を意識」

前田敦子ら共演者との一場面
前田敦子ら共演者との一場面

 [映画.com ニュース] 黒沢清監督が前田敦子を主演に迎え、ウズベキスタンで全編オールロケ撮影に挑んだ最新作「旅のおわり世界のはじまり」。前田が演じるテレビレポーター・葉子が出演するバラエティ番組のディレクターを演じる染谷将太が、撮影を振り返った。

 黒沢監督のオリジナル脚本で、言葉も通じない未知の国に飛び込んだひとりの女性の成長を描く旅の物語。染谷のほか、柄本時生、加瀬亮らが共演する。「予兆 散歩する侵略者」に続く出演となる染谷は「黒沢監督のオリジナル作品への出演は初めてですが、これまでの黒沢監督のオリジナルとも違っているので驚きました」「監督は何を狙っているんだろう……と勝手にいろいろと想像していました」と、これまでの黒沢作品とは一味違った新たな物語に期待を寄せている。

 「ウズベキスタンという国に突然放り込まれ心が揺らいだ葉子が、一歩踏み出し成長していく。そんな希望のある物語。それを黒沢監督が描くことで何かあるなと。僕が演じる吉岡は、葉子に孤独を感じさせるよう存在と捉えました。物語の後半に(登場人物)4人のあり方が変わっていく展開が好きだったので、どのように完成するか楽しみです」と役作りを振り返り、「実際のマーケットの中で群衆に突っ込み撮影したのが印象的でした。現地の方々もなんだこの撮影隊は? と不思議がって我々を見ていました。その状況が映画の中の我々とリンクしてとても面白い空間となっていました」ととりわけ印象深かったシーンを挙げる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >