2019/01/17 12:00

「足りない二人」佐藤秋&山口遥が新宿ピカデリー上映という“夢”を掴むまでの軌跡

“場内満席”を目指して奮闘中!
“場内満席”を目指して奮闘中!

 [映画.com ニュース] 新進の30代俳優2人が“映画ドリーム”を掴むべく、約5年の歳月をかけて力強い1歩を踏み出した。「親密さ」(濱口竜介監督)の佐藤秋と、「きみはいい子」(呉美保監督)の山口遥が監督&脚本&主演を兼ねた映画「足りない二人」が、2月21日に東京・新宿ピカデリーで披露される。映画製作未経験だった2人は、どのように同館での上映を実現させたのか。(取材・文・撮影/編集部)

 このサクセスストーリーを辿る前に、まずは佐藤と山口の“演じる者”としての始まりを明かしておくべきだろう。美大出身の佐藤は在学時に経験した挫折、山口は幼少期から心の中に抱いていた表現者としての信念を貫くべく、俳優の道を突き進んでいる。

 佐藤「予備校に通っている時、グラフィックデザインを筆や鉛筆でやっていたんです。これを職業にしたいと思っていたんですが、いざ大学に入ると『今はデジタル、PCの時代』と言われてしまい、入学時点で目標を失ってしまったんです。その後、別の美大の文化祭でやっていた舞踏を目の当たりにして、自分を媒体にした作品を作るという面白みに気づきました。舞踏自体は経験しなかったんですけど…、夢を追っていたかったんだと思います」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >