2019/01/17 13:00

「リテイクはできない」三上博史、“ラブホテル形式”映画でさらけ出した役者としての矜持

登場人物は全員“クソ野郎”! (C)2018 SOULAGE
登場人物は全員“クソ野郎”! (C)2018 SOULAGE

 [映画.com ニュース] 役者という生き物の魅力を存分に味わえる映画が、平成最後の年に誕生した。宅間孝行監督が“グランドホテル形式”ならぬ“ラブホテル形式”で紡ぎあげたワンシチュエーションの密室群像劇「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」だ。約14年ぶりに映画主演を果たした三上博史が矜持を貫いた物語には“キャラクターを生きる”役者の凄みが、全て映し出されていた。(取材・文/編集部、写真/間庭裕基)

 舞台となるのは、新宿・歌舞伎町のラブホテル。警察官の間宮(三上)はビデオカメラをセットし、勤務中にもかかわらずデリヘル嬢・麗華(三浦萌)との情事にふけっていた。そこへ間宮の妻で婦警の詩織(酒井若菜)が踏み込んできたため、取り乱した間宮は麗華を銃で撃ち、死体処理のためにヤクの売人ウォン(波岡一喜)が呼ばれる。登場人物全員が弱みを握られ、かつ弱みを握っているという状況下でそれぞれの思惑と立場が交錯し、物語は一気に転がっていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >