2019/01/17 21:30

市原悦子さん通夜、“息子”竹中直人悲痛「優しく見守ってくれた」

コチョウラン以外はモンステラなど 緑一色の植物で彩られた祭壇
コチョウラン以外はモンステラなど 緑一色の植物で彩られた祭壇

 [映画.com ニュース] 心不全のため1月12日に82歳で亡くなった女優の市原悦子さんの通夜が1月17日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。俳優の竹中直人、阿部寛らが参列。20年来の親交がある「ゴダイゴ」のリーダー・ミッキー吉野が、弔辞に代わり“献歌”で故人をしのんだ。

 自然が大好きだった市原さんを送るためにしつらえられた祭壇は、コチョウラン以外はモンステラなど緑一色の植物で彩られた。それを喜ぶような笑顔を見せる遺影など3枚の写真。そのほかにも会場には通路に至るまで実に43枚の写真が飾られ、市原さんの足跡を振り返ることができ、弔問客も足を止めて見入っていた。

 棺には写真と書籍を4冊ずつ、日常で愛用していた品々が納められた。無宗教で読経もなく、冒頭では「家政婦は見た!」「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」「弁護士高見沢響子」などドラマの代表作のダイジェスト映像を上映された。

 ミッキーは祭壇脇のピアノの前に腰を下ろすと、「市原さん、やっと大好きな哲さんに会えるね」と、2014年に亡くなった夫で演出家の塩見哲さんへの思いを吐露。そして「おふたりが大好きだった」という、舞台「三文オペラ」の劇中歌「マック・ザ・ナイフ」を演奏した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >