2019/01/18 06:00

井ノ原快彦&上戸彩が“夫婦”に!「僕が笑うと」で初共演「自分のお母さんに見えた」

「自分のお母さんみたいに見える 時がありました」
「自分のお母さんみたいに見える 時がありました」

 [映画.com ニュース] カンテレ開局60周年特別ドラマ「僕が笑うと」で、井ノ原快彦と上戸彩が夫婦役で初共演することがわかった。戦時中の大阪を舞台に、5人の孤児を養子として育てた夫婦を描くオリジナル作品。井ノ原は物語について「家族の温かさについて絶対共感できる」と語り、上戸は役どころに対し「一瞬でのめり込んでいき、涙が止まりませんでした」と明かしている。

 「僕の生きる道」「結婚できない男」などの三宅喜重監督が演出を手がけ、「アットホーム・ダッド」「結婚できない男」などの尾崎将也が脚本を執筆。植物研究者の鈴木重三郎(井ノ原)と妻・誠子(上戸)が、養子に迎えた子どもたちとともに、太平洋戦争下でも笑顔を絶やさず生き抜くさまをつづった。

 井ノ原は、研究一筋だが子どもたちと向き合うことで人生を一変させていく重三郎を熱演。物静かな様子から、感情豊かな父親像まで巧みに演じわけており、「戦時中を描いたドラマですが、温かくて幸せそうな家族を描いた物語だと思いました。もちろん戦争で悲しい目にあわれた方も大勢いらっしゃいますが、鈴木家のように、皆で助け合いながら絆を深めていった家族も、実際にたくさんいたのだろうなと想像しました。今この時代だからこそ、大事なドラマだと思いました」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >