2019/01/18 14:00

命がけでISと戦ったクルド人女性武装部隊が歌う「バハールの涙」本編映像

(C)2018 - Maneki Films - Wild Bunch - Arches Films - Gapbusters - 20 Steps Productions - RTBF (Television belge)
(C)2018 - Maneki Films - Wild Bunch - Arches Films - Gapbusters - 20 Steps Productions - RTBF (Television belge)

 [映画.com ニュース]「パターソン」のゴルシフテ・ファラハニが、捕虜となった息子の救出のためISと戦うこととなったクルド人女性を演じるドラマ「バハールの涙」で、ルド人女性武装部隊“太陽の女たち”のメンバーが戦場で歌うシーンが公開された。

 エバ・ウッソン監督が、自らクルド人自治区に入り、女性戦闘員たちの取材を基に撮り上げた。2018年ノーベル平和賞を受賞した、自らも性暴力の被害者として、その実態を世界に訴え続けるシンジャル出身・ヤズディ教徒のナディア・ムラドさんと境遇を同じくし、ひるまず立ち上がりISと戦うクルド人女性の生き様を描く。

 このほど公開された映像では、肉親を殺されたり、レイプの被害者など、心に深い傷を負った女性で構成されたクルド人女性武装部隊“太陽の女たち”のメンバーが力強く、「母乳は赤く染まり私たちの死が命を産むだろう」と歌う一場面。悲劇に負けず、ISに立ち向かう強い信念を感じさせるシーンだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >