2019/01/20 11:00

スピルバーグ監督のリメイク版「ウエストサイド物語」ヒロインに無名の17歳・女子高生

スティーブン・スピルバーグ監督 Photo by Chance Yeh/FilmMagic
スティーブン・スピルバーグ監督 Photo by Chance Yeh/FilmMagic

 [映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督がメガホンをとるリメイク版「ウエスト・サイド物語」ヒロインに、無名の17歳の女子高生が大抜てきされたことがわかった。米Deadlineが報じている。

 アーサー・ローレンツ原作、レナード・バーンスタイン作曲、スティーブン・ソンドハイム作詞の「ウエスト・サイド物語」は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を下敷きにしたミュージカル劇で、1957年にブロードウェイで初演され大ヒットを記録。61年にロバート・ワイズ監督が映画化し、第34回アカデミー賞で作品賞を含む全10部門を制した。

 スピルバーグ監督によるリメイク版の主人公トニー役には、「ベイビー・ドライバー」「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴートが決定しているが、その相手役となるマリア役が新人レイチェル・ゼグラーに決定。米ニュージャージー州に住む17歳の女子高生だという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >