2019/01/21 06:00

ゴーゴリ「外套」のことだけを考えて30年…アニメの神様に迫るドキュメンタリー、3月下旬公開

ロシアのアニメーション作家ユーリー・ ノルシュテインに迫る (C)ふゅーじょんぷろだくと
ロシアのアニメーション作家ユーリー・ ノルシュテインに迫る (C)ふゅーじょんぷろだくと

 [映画.com ニュース] ロシアのアニメーション作家ユーリー・ノルシュテインに迫るドキュメンタリー映画「ユーリー・ノルシュテイン『外套』をつくる」が、3月下旬から公開されることが決定。あわせて、予告編とポスタービジュアル、場面写真がお披露目された。

 「話の話」「霧の中のハリネズミ」といった名作を生み出し、手塚治虫、宮崎駿、高畑勲らをはじめとした世界中のアニメーション作家からリスペクトされたノルシュテイン。30年以上の歳月をかけて、ロシアの文豪ニコライ・ゴーゴリの小説「外套」のアニメーション作品を制作しているが、未だに完成には至らず、それどころか近年は撮影が止まってしまっている。

 ゴーゴリの小説「外套」は、帝政ロシア時代のサンクトペテルブルクを舞台にした物語。真面目で貧しい下級役人アカーキー・アカーキエヴィッチは、生活を切り詰めて貯めたお金で新しい“外套”を手に入れる。だが、ある夜、追いはぎに新しい“外套”を盗まれてしまったことで、失意のうちに亡くなってしまうアカーキエヴィッチ。幽霊となった彼は、夜な夜な盗まれた“外套”を探しに回る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >