2019/01/21 10:00

山田孝之×阿部進之介×藤井道人「デイアンドナイト」で発明した「新しい日本映画の作り方」

脚本製作ではぶつかり合うこともあったという
脚本製作ではぶつかり合うこともあったという

 [映画.com ニュース] 日本映画界にいま、新風が吹き込まれんとしている。俳優・山田孝之がプロデュースに専念し、「キングダム」(4月19日公開)などに出演する阿部進之介、「青の帰り道」や「新聞記者」(年内公開予定)を手掛ける俊英監督・藤井道人と企画・脚本開発を含めてがっぷり四つに組んで作り上げた渾身の一作「デイアンドナイト」だ。俳優や監督といった枠を超えて、映画作りの全てにかかわる形で作品を発信する。昨今の日本では非常に珍しい形態だが、何が彼らを「創作」に向かわせたのか。情熱の根源を聞いた。

 「人間の善と悪」をテーマに、家族の命が奪われ、自らの善悪に翻ろうされる者たちを描く本作。「3月のライオン」二部作やドラマ「透明なゆりかご」で注目を浴びる清原果耶、安藤政信、小西真奈美、「ヒメアノ~ル」の佐津川愛美、室井滋、田中哲司といった日本を代表する実力派俳優が顔をそろえた。

 本作は元々、阿部と藤井監督の交流から企画が生まれ、山田が加わることで実現へと急速に動いていった。藤井監督は「山田さんが入ってくれる前の阿部さんと僕の話では、何かモヤモヤしていることがお互いありました。華やかな世界にいる中で、いろんな現実と理想があって、自分たちが純粋にいいものを作りたいという気持ちだけだとやっていけないところとか……。そういう葛藤があった時に、何もしないのは嫌だから、何かやりませんかという話を阿部さんとしたところから、今回の企画が始まったんです」と企画の発端を明かす。「その熱意を山田さんが見てくださって、3人が4人になり5人、100人といったようにたくさんの人が熱意をもって支えられてこの映画が完成した。最初は映画を作りたいという思いとか、自分たちが何かを生み出す、0から1を、1から100を、という熱量で作ったと思います」(藤井監督)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >