2019/01/21 17:00

「イーダ」監督による冷戦に引き裂かれた恋人たちと音楽の物語 カンヌ受賞作「COLD WAR」6月公開

モノクロ映像と美しい歌で描き出す 切ないラブストーリー (C)OPUS FILM Sp. z o.o. / Apocalypso Pictures Cold War Limited / MK Productions /ARTE France Cinema / The British Film Institute / Channel Four Televison Corporation / Canal+ Poland / EC1 Lodz /Mazowiecki Instytut Kultury / Instytucja Filmowa Silesia Film / Kino Swiat / Wojewodzki Dom Kultury w Rzeszowie
モノクロ映像と美しい歌で描き出す 切ないラブストーリー (C)OPUS FILM Sp. z o.o. / Apocalypso Pictures Cold War Limited / MK Productions /ARTE France Cinema / The British Film Institute / Channel Four Televison Corporation / Canal+ Poland / EC1 Lodz /Mazowiecki Instytut Kultury / Instytucja Filmowa Silesia Film / Kino Swiat / Wojewodzki Dom Kultury w Rzeszowie

 [映画.com ニュース] 第71回カンヌ国際映画祭の監督賞に輝いた、パベウ・パブリコフスキ監督作「Cold War(英題)」が、「COLD WAR あの歌、2つの心」の邦題で6月28日に公開されることがわかった。冷戦に引き裂かれる恋人たちの切ないラブストーリーを、モノクロ映像と美しい音楽とともに描く。

 第31回ヨーロッパ映画賞で最優秀作品賞を含む5部門を受賞した本作。アカデミー賞の前哨戦と言われる、米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞やニューヨーク批評家協会賞で最優秀外国語映画賞を獲得し、注目が集まっている。冷戦によって15年間に渡り西側と東側の狭間で翻ろうされた、ピアニストのビクトルと歌手志望のズーラの愛と運命を描き出す。

 メガホンをとるのは、前作「イーダ」で第87回アカデミー賞の外国語映画賞を獲得した、ポーランドのパブリコフスキ監督。「つまらないシーンや会話で物語を進めたくない」「物語を体感し、自分で理解して欲しい」という強い思いから、ジャズ、民族音楽、伝統民謡などの多種多様な音楽を巧みに使い分け、恋人たちの感情を表現。ポーランド、独ベルリン、ユーゴスラビア、仏パリと、様々な時代と場所をめぐる物語を紡いだ。

 「COLD WAR あの歌、2つの心」は、6月28日から東京のヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >