2019/01/24 04:00

筋トレコメディ漫画「ダンベル何キロ持てる?」TVアニメ化 ファイルーズあい&雨宮天が主演

ファイルーズあい&雨宮天が主演 (C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子, MAAM・小学館/シルバーマンジム
ファイルーズあい&雨宮天が主演 (C)2019 サンドロビッチ・ヤバ子, MAAM・小学館/シルバーマンジム

 [映画.com ニュース] 筋トレ&フィットネスをテーマに、小学館の漫画アプリ「マンガワン」で連載中の「ダンベル何キロ持てる?」が今夏、テレビアニメ化されることが決まった。主人公の女子高生・紗倉ひびきを描いたティザービジュアルも公開されている。

 同作は、「ケンガンアシュラ」のサンドロビッチ・ヤバ子氏が原作、MAAM氏が作画を担当するコメディ作品。食べることが大好きなひびきが、ダイエットのためにトレーニングジムに入会し、実は筋肉フェチの美少女生徒会長・奏流院朱美(そうりゅういんあけみ)とともに筋トレに励む姿を、トレーニング方法や豆知識などの解説を交えて描く。原作単行本は、最新第6巻が発売されたばかりだ。

 メインキャストは、ひびき役をファイルーズあい、朱美役を雨宮天が担当する。ファイルーズあいは「原作を読んだ時は思わず『ひびき……君は私か!』とつぶやいてしまいました(笑)。女の子なら誰でも経験のあるダイエットが、こんなにかわいらしい漫画で描かれていて、読む手が止まりませんでした! スポーツジムでのバイト経験を生かして、ひびきと一緒に皆様に筋トレの素晴らしさをお伝えできるようにがんばりマッスル!」、雨宮は「原作を読んで朱美のキャラの濃さに衝撃を受け、このキャラやりたい!! と思いました。私はギャグをやらせていただく時にしばしば生きていることを実感するのですが、それを感じさせてくれるキャラだと思いますし、感じられるよう全力で演じたいです。そのために私も身体をしっかり作って臨みたいと思います!」と、それぞれに意気込みを語っている。

 メインスタッフは、シリーズ構成・脚本の志茂文彦、キャラクターデザインの菊池愛、アニメーション制作の動画工房といった、「NEW GAME!」シリーズを手がけた顔ぶれが集結。監督は「多田くんは恋をしない」「月刊少女野崎くん」の山崎みつえが務める。

アニメ化決定を記念し、原作者からのコメントと、ひびきと朱美のツーショットを描いたお祝いイラストも公開された。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >