2019/01/24 07:00

柄本時生、エレベータに閉じ込められる 「旅のおわり世界のはじまり」ウズベキスタンでのハプニング明かす

 [映画.com ニュース]前田敦子主演、黒沢清監督がウズベキスタンで全編オールロケ撮影に挑んだ最新作「旅のおわり世界のはじまり」。前田が演じるテレビレポーター・葉子が出演するバラエティ番組のAD佐々木を演じる柄本時生がウズベキスタンでのロケを語った。

 黒沢監督のオリジナル脚本で、言葉も通じない未知の国に飛び込んだひとりの女性の成長を描く旅の物語。柄本のほか、染谷将太、加瀬亮らが共演する。

 柄本にとって初の黒沢作品。「僕は監督のファンなので、黒沢組に入れるっていうだけでもう、何でもやりたいという感覚でした」と参加が決まっての心情を振り返り、「すごくかっこいい本だと思いました。現場にいる人の話だな、ものづくりって、楽しいだけではないということも描かれていると思いました」と脚本を読んでの印象を述べる。

 父親の柄本明が「ドッペルゲンガー」(2003)に出演しているが、「当時僕は高校生で15歳だったんです。役所さんとのシーンで親父がなにかやってて、それを兄ちゃん(柄本佑)とふたりで悪口言っていたのは覚えています(笑)。演出に余計なものがない、純粋な映画として見ました」と俳優一家らしいエピソードを披露。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >