2019/01/27 15:30

白石和彌監督、ほぼノーミス映画「岬の兄妹」が報われなければ「日本映画に未来はない」

片山慎三監督(右)と白石和彌監督
片山慎三監督(右)と白石和彌監督

 [映画.com ニュース]SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の国内コンペティション長編部門の優秀作品賞と観客賞に輝いた「岬の兄妹」が1月26日、東京・京橋の国立映画アーカイブで上映され、メガホンをとった片山慎三監督とゲストの白石和彌監督がトークイベントに出席した。

 上映企画「Rising Filmmakers Project 次世代を拓く日本映画の才能を探して」の1本として上映された「岬の兄妹」は、ポン・ジュノ作品や山下敦弘作品などで助監督を務めた片山監督の初長編作。足に障害を持つ兄・良夫(松浦祐也)と自閉症の妹・真理子(和田光沙)が、貧困から脱するため、売春で生計を立てようとするさまを描く。「映像塾」(主催:中村幻児監督)出身の繋がりで対談相手として招かれた白石監督は「演出に力がある。光の使い方、音の設計、ほぼノーミスな感じ。松浦祐也をずっと見ていられる幸せ、和田光沙の肉体性。俳優冥利に尽きる作品です」と激賞した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

先祖代々伝わることを守ると吉。仏壇に手をあわせたり、都合が...もっと見る >