2019/01/27 18:30

加藤雅也、文明堂のカステラ差し入れに「二階堂家は二番にならないように」

「なら国際映画祭」の映画制作プロジェクトから誕生
「なら国際映画祭」の映画制作プロジェクトから誕生

 [映画.com ニュース]河瀬直美監督がディレクターを務める「なら国際映画祭」の映画制作プロジェクト「NARAtive」から生まれた「二階堂家物語」の公開記念舞台挨拶が1月26日、東京・新宿ピカデリーで行われた。

 出演の加藤雅也、石橋静河、町田啓太、白川和子、陽月華、エグゼクティブプロデューサーの河瀬監督が登壇。アイダ・パナハンデ監督はイランから「イランと日本のアーティストの友情と、熱心な協力の証(あかし)。外国人が作ったものと言われないことを目指し、父と娘の永遠の愛を描いた」とメッセージを寄せた。

 跡継ぎ問題を抱えた名家の三世代にわたる物語。加藤は、車の中でけんかをした娘の石橋が雨中に飛び出していくシーンを振り返り、「何回も撮り直してびしょ濡れになった。長いシーンだったのに、めちゃくちゃ短く切られていた。あんなにやらなくても良かった」と愚痴をこぼした。

 石橋も、酔って独りカラオケで歌うシーンで、パナハンデ監督から「もっと酔っぱらって」と何度も指示されたことを河瀬監督が暴露。「酔っぱらっている感覚になっているのに、怒られすぎてどんどん覚めていっちゃった」と苦笑いで明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >