2019/01/28 18:30

「キリクと魔女」M・オスロ監督、高畑勲の“おもひで”を語る「彼は革命家」

仏アニメの映画祭「Animation First」に出席 (C)Fiaf
仏アニメの映画祭「Animation First」に出席 (C)Fiaf

 [映画.com ニュース]19世紀後期にパリのグレヴァン蝋人形館で、シャルル・エミール・レイノーが、世界初のアニメ作品の1つとされる「道化師と犬」を上映してから今日まで、フランス製アニメはずっと世界中の人々を魅了し続けてきた。

 そんな仏アニメを讃え、 昨年から始まった仏アニメの映画祭「Animation First」(フランス文化を広める非営利団体FIAF(French Institute Alliance Francaise)主催)が、今年もまた1月25日から27日までニューヨークで開催された。今年の「Animation First」は、フランスの伝説的アニメ作家ミッシェル・オスロを名誉ゲストとして招き、公開から20周年を迎えた代表作「キリクと魔女」(1998)が映画祭のオープニングを飾った。

 不思議なのは、この映画祭のラインナップに故・高畑勲監督の「おもひでぽろぽろ」が選出されていること。どうしてこの仏アニメを集めた映画祭に日本のアニメ映画が選ばれたのか。その理由は、オスロ監督が敬愛する高畑監督へオマージュを捧げたかったからだという。「高畑さんは宮崎駿さんほど脚光を浴びる存在ではありませんでしたが、私は高畑さんの作品はすべて大胆不敵で大好きでした。彼の残した作品は決して色あせない強い力を秘めています」と、オスロ監督は高畑監督の代表作上映前に登壇し、まず高畑作品の魅力を言葉にした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >