2019/01/28 19:00

【国内映画ランキング】「マスカレード・ホテル」V2、「十二人の死にたい子どもたち」は2位、「サイコパス」7位発進

「マスカレード・ホテル」が2週連続で首位 (C)2019 映画「マスカレード・ホテル」 製作委員会 (C)東野圭吾/集英社
「マスカレード・ホテル」が2週連続で首位 (C)2019 映画「マスカレード・ホテル」 製作委員会 (C)東野圭吾/集英社

 [映画.com ニュース] 1月26日~27日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「マスカレード・ホテル」が2週連続で首位を獲得。週末2日間で動員35万1000人、興収4億7800万円をあげた。累計動員は146万人、興収は19億円に迫る勢いをみせており、最終興収50億円が見込める興行展開となっている。

 2位には「十二人の死にたい子どもたち」が初登場。作品は、SF小説で人気の作家・冲方丁が初めて現代を舞台に描いたミステリー小説を、杉咲花、新田真剣佑、橋本環奈ら人気若手俳優たちの共演、堤幸彦監督で映画化したもの。25日から全国342スクリーンで公開され、土日2日間で動員20万6636人、興収2億6754万7400円をあげた。これは昨年11月に公開された堤監督の前作「人魚の眠る家」の興収比180.7%の成績。公開3日間では動員26万3398人、興収3億3921万8900円を記録した。客層は、10代の中高生から20代前半の大学生が中心。特に中高生は3~4人以上やカップルでの来場が目立っている。最終興収20億円が視野に入るスタートを切った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >