2019/01/28 19:52

GACKT、「翔んで埼玉」のオファー「即答で断った」 撮影初日は二階堂ふみとキスシーン

埼玉ポーズでフォトセッション
埼玉ポーズでフォトセッション

 [映画.com ニュース]魔夜峰央氏の人気漫画を実写映画化する「翔んで埼玉」のジャパンプレミアイベントが1月28日、都内で行われ、ダブル主演の二階堂ふみとGACKTをはじめ、共演の伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹、メガホンをとった武内英樹監督が舞台挨拶に出席した。

 「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」などと埼玉県を徹底してディスり、大きな反響を呼んだ同名漫画を映像化。GACKTは今作を「今世紀最大の茶番劇」と説明する一方で、「演じているときは、決して笑いを狙ってはダメだ、と言われていました。最初から最後まで、熱を持って演じていました」と振り返る。そして「僕の鼻に、伊勢谷くんがピーナツを詰め込むシーンがあります。伊勢谷くんが真面目すぎて、リハーサルで何回も鼻の穴に詰め込まれた。僕の気持ち、わかります?」と語りかけ、場内を笑いに包んだ。

 男性役に挑んだ二階堂は、個性的な面々が結集した撮影を「違う“星”の方々が代表して地球に集まり、ブワーッと一斉に演じ、ブワーッと一斉に帰っていったよう。現場では、自分が一番マトモだと感じていました」と述べる。これに「僕は、僕自身が一番マトモだと思っていた」と切り返したGACKTだが、高校生役を演じただけに「高校生役とオファーを頂いて、即答で断った」と告白し、「『特殊な高校生でして』と言われ、どんな高校生だよ、と思った。しかも撮影初日が、二階堂さんとのキスシーンからで、『なんて工程だ』と思った」と苦笑しきりだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >