2019/01/29 11:00

「クイーン」ブライアン・メイ、性的暴行疑惑のB・シンガーをアンフォロー

ブライアン・メイ
ブライアン・メイ

 [映画.com ニュース]「ボヘミアン・ラプソディ」の驚異的大ヒットで再び注目を集めている伝説の英ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイが、性的虐待疑惑が浮上した同映画の監督ブライアン・シンガーを擁護するかのような発言を謝罪した。

 メイは1月23日(現地時間)、自身のインスタグラムに「ブライアン・シンガーをアンフォロー(フォローを外すこと)しなさい」とコメントを寄せたファンに対し、「君には関係のないことだし、指図される筋合いはない。『疑わしきは罰せず』の大原則に敬意を払うべきだ」と返信していた。

 だが奇しくも同日、米アトランティック誌が、シンガーから性的暴行を受けたとして新たに名乗り出た男性4人の証言を含む告発記事を掲載したことで事態は一変。

 12カ月にわたる調査に基づくこの記事では、1998年のシンガー監督作「ゴールデンボーイ」にエキストラとして参加したビクター・バルドビノスさん(当時13歳)が、撮影現場でシンガーから性器を触ったり身体をこすりつけたりといった性的虐待を受けたと告白しているほか、アンディさんとエリックさん(共に仮名)は、それぞれ15歳と17歳の時にシンガーの自宅で性的関係をもったと証言。4人目の被害者ベン(仮名)さんは17歳の時、シンガーの自宅で開かれたパーティーに招かれた際、「具合が悪いから寝かしつけてくれ」と嘘をついて寝室に連れ込まれ、オーラルセックスを強要されたと言い、いずれもシンガーは自分たちが未成年だったことを知っていたと主張している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >